風呂蓋、正直必要ないです

先日「テルマエ・ロマエ」を観ていて思ったことです。
風呂蓋、湯が冷めないようにするためのものと言われてましたが、あれは正直あまり役にたたないと思っています。
むしろ、蓋をすることで水滴が発生しポタポタ湯船に落ちるので、冷めるのが早まるんじゃないですかね。

そしてなにより、カビが発生しやすいです。毎回入浴後すぐに洗ってふきとって、外にでも干しておかないとカビ生えてきちゃうんですよ。

湯が冷めないようにするためなら、湯船に浮かべる銀マットみたいなグッズがあるんですが、そういうののほうが効果的でしょうね。あれも手入れが面倒そうですが。
我が家は追い炊き機能があり、エコモードで使うとそれほどガス代も高くならないので、風呂蓋は処分してしまっています。

なくても本当に困らないです。

Categories: nocategory