洗濯物を干しながらイライラ

洗濯は基本、洗濯機がやってくれるので自分は全部セットして後はお任せという一番ラクな家事の部分だと思います。
もちろん、衣類の素材によっては洗濯機におまかせ、とはいきませんがそれでも最近の洗濯機はかなり細かい仕事もしてくれるので助かっているのです。

乾燥機は使っていないので、洗濯がすんだ衣類を出して干す、という作業をしなければなりません。
ところがこんなところにも不器用さってでるものだと思うのです。
丁寧にシワが寄らないように干したり、まっすぐに竿やハンガーにかけたりということはもともと大ざっぱな私には苦手な作業です。

他の人がみて、整然と干されているというように見えて欲しいと頑張ってやってみても物干し場から立ち去るときに振り返るとなんとなくきっちりしていないかなと思います。
こういうところにも資質ってあるのかなと思う瞬間です。

Categories: nocategory