格安スマホを激安で利用する方法について

格安スマホと名がついているくらいですから、どこの格安SIMに乗り換えてもそれなりに安い料金でスマホを利用することは可能です。しかし、更なる節約を目指し、格安で格安スマホを利用したい人の為に、いろいろな割引方法についてまとめてみました。

格安スマホを激安にする方法

格安スマホは基本的には大手のキャリアに比べると料金が低く設定されているのですが、さらに激安にするためには自分の気に入った機種を中古などで購入する必要があります。これによってスマートフォン本体の料金がいらなくなるので、simの契約プランに応じた料金を支払うだけになります。

格安スマホはLTEなどを利用しない場合や容量が少ない場合などに格安になるように設定されているので、ヘビーユーザーの場合は、月額で3000円以上の料金がかかることがあります。しかしメールやSNSしか利用しないユーザーの場合は1000円以下のプランも用意されているので、用途に合わせて契約プランを選ぶことができます。

通信速度などはインフラが同じなのでほとんど違いがないので、安心して利用することができて、さらにsimを入れ替えるだけで他のスマートフォンを利用することができるので、短期間で買い替えをして楽しむことができます。

また契約は基本的には短期契約なので1年間経過すると他の会社に乗り換えすることもできます。今まで大手キャリアでスマートフォンを購入していたユーザーにとってはかなりの節約になるので、現在の日本では成長産業となっているので、将来的な利用者増が期待されています。

学割サービスもある格安スマホの魅力

スマートフォンがほしくても、高くて維持費が大変という人は多いことでしょう。特に学生さんは大変ですよね。スマートフォンの基本料金が高いのは、ドコモ、ソフトバンク、auのいわゆる三大キャリアーです。

信頼がありますし、アメリカアップル社のifoneを使うこともできるので、できれば三大キャリアーのスマートフォンを持ちたいところですが、経済的に苦しい場合は、いま話題の格安スマホにするのも手です。格安スマホの秘密は、simフリーであることです。

ただ、選べる端末が限られてきます。ここが問題に感じる人もいることでしょう。しかし、最近は日本製の信頼のある良い端末も増えてきています。ifoneに拘らなければ、機能的にも大きく落ちるわけではありません。

そして何よりも基本料金が激安です。端末代を入れても3000円前後から持つことができます。端末がすでにあれば、この半分くらい利用することができますから、本当にお得なのです。

さらに学割がきいたり、様々な特典がつくものもあります。格安スマホは大手スーパーや家電量販店なども参入し、信頼があるというのも大きな魅力の一つで、年配者の初めてのスマホとしても人気があるようです。

クレジットカード不要で格安スマホをフル活用!

大手携帯会社は多くのスマホを提供していますが、その特徴として料金が高いという傾向があります。スマホを使うためには基本料金やパケット通信料などの料金が必要になりますがそれらの総額を計算するとどうしても高い場合が多いのです。

そのため、利用料金を抑えた格安スマホと呼ばれるものがあり、その一つがsimカードという方法です。格安スマホの特徴はこのカードを使い、携帯会社とは違う回線を利用し、回線の利用料をもともとの値段より安く抑えるというところにあります。

料金は一か月単位など、一定の期間ごとに定められていて通信料や機能によって多少値段の差があります。毎月料金を払ってsimカードを使うので、その支払いも月ごとに発生します。そこでクレジットカードを使って支払いをする場合もありますが、カードによっては不要になっている場合もあります。

そのため、仮にクレジットカードを持っていなかったとしても持っている人と同様に使うことができる場合もあるので、事前に他の支払い方法が可能かどうかチェックするとよいでしょう。

もちろんクレジットカードで支払いたい場合は可能なタイプもあるのでそれを選択すれば問題ありません。持っている人でももっていない人でも気軽に格安スマホを使うことは十分可能になっています。

有料アプリも普通に使える、格安スマホの長所

スマートフォンのブームが続く昨今の日本ですが、一般消費者の家計にとって、その維持費は軽視出来ません。普通に利用するだけなら月々のコストが五千円程度で済みます。しかし友達や知人と頻繁に連絡を取る、ネット検索を本格に始める等すれば、月々のコストが跳ね上がります。

そのため最近では既存のキャリア契約を見直し、格安スマホに乗り換える一般消費者が増加しているのです。事実、格安スマホでしたら月々の料金が千円から三千円程度にセーブ出来る等、抜群の費用対効果が現れます。

simカードを含むプランとカード代が別になっているプランがありますが、本体代とカード代を追加しても、確実に一般的なキャリア契約よりお得になるのです。既存のスマートフォン同様に無料のアプリはもちろん、有料アプリも本体にダウンロード出来ますので、機能や利便性はそのまま、月々の維持費を二分の一に抑制といった嬉しい結果が得られます。

有料アプリを頻繁にダウンロードする方は、通信データの容量を考え、少し余裕のあるsim契約をしましょう。アプリのダウンロードは既存の通信に比べ、データ転送量が多いため、余裕のある契約をした方が結果的に安上がりになります。

simの使い回しと格安スマホの購入

格安simを使う人々は増加傾向にあり、その魅力は、大手キャリアのプランよりも月額利用料金が大幅に安いという事です。プロバイダなどのMVNOが数多く参入していますので、非常に選択肢が広く、ユーザーの用途にマッチした容量のプランを選択する事が可能です。

格安スマホは、格安simとSIMフリースマートフォンを組み合わせて売られていますので、ヘビーユーザー以外の利用者が安くスマートフォンを買いたい時に便利な商品です。SIMの使い回しも可能であり、格安スマホを購入すれば、端末自体はSIMフリースマートフォンですので、キャリアのSIMを使う事も可能です。

複数の業者の格安SIMを契約しておけば、それらのSIMを使いまわす事で長時間インターネットの利用が可能になります。SIMフリースマートフォンでは、デュアルSIMスロットと呼ばれる挿入口が用意されている物が登場していますので、複数のSIMを一つの端末に入れておいて、アプリから使用するSIMを選択するといった使い方が出来ます。

このように、格安SIMや格安スマホは、状況に応じて使っていく事が出来ますので、複数の端末を持ち歩くといった用途で役立ちます。SIMの使い回しがしやすいのが格安スマホの利点です。

格安スマホのsimの再発行について

格安スマホのsim再発行に関してはもう一度最初から契約手続きをしなければならない可能性が高いので、手続きを行った販売店にいって確認をすることが必要になります。

プリペイド方式の格安スマホならば再発行も簡単にできるのですが、通常の契約をしたsimを再発行することは難しいので購入した販売店で契約情報などを元にしてもう一度作りなおすしか方法がありません。

一般的にSIMカードはスマートフォンのバッテリーの裏側などに入っているので壊れたりすることがあまりないのですが、盗難にあった場合などにはすぐに再発行手続きをして、盗まれたものは使えないようにする必要があります。

プリペイド式のスマートフォンの場合は、通話時間が500時間程度に設定されていて、これを超えてしまうと利用できなくなるのでもう一度購入する必要がありますが、日本の場合は自動販売機などで購入することができないので、格安スマホの受付に行って作りなおすしかありません。

プリペイド型のスマートフォンは30日の制限が付いているので30日ごとに契約を更新する必要がありますが、性能はかなり高いので動画などを見ることもできるのですが、データー容量を超えた場合には低速回線になります。

格安スマホの身分証明書について

格安スマホは基本的には大手キャリアからインフラなどをレンタルして営業されているので、身分証明などに関しても同じように審査されます。一般的には顔写真付きのものが良いとされていますが、ない場合には住所等が確認できる健康保険証などでも許される場合があります。

格安スマホは機種の代金が安いのと、さらに容量を小さくして月額料金を安くするものがあるのですが、動画などをたくさん見るユーザーは定額の使いたい放題のようなプランに申し込む必要があります。格安プランの場合は使いすぎると通信速度が低下するので動画などの再生が難しくなってしまいます。

simについては一度購入をするといろいろな機種で使うことができるのですが、キャリアによってsimカードの規格が違うので、購入する前に確認をする必要があります。基本的にはNTTとau、ソフトバンクで違いがあるので、どのキャリアのスマートフォンなのかを確認してから契約をする必要があります。

また格安携帯会社では独自のブランドのスマートフォンを提供している場合があるのですが、できることなどはほぼ同じなので、好きな色や形などで判断をしても十分に満足できるスマートフォンを選ぶことができます。